ポスティング費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ポスティングの効果を上げる対策について

最新情報・レポート

ポスティングの効果を上げる対策について

ポスティング 効果

ポスティングは、広告宣伝することを目的としているチラシなどの販促物を、住宅や集合住宅などのポストに直接投函することを言います。最近は新聞を取るご家庭も減っているので、新聞折込チラシなどの販促物がなかなか効果を出さなくなってきています。


そのためポスティングのニーズは高まってきています。今回はそんなポスティングの目的や折込チラシとの違い、ポスティングの効果を上げるためにはどういった対策をするべきかなどをご紹介していきます。



ポスティングの目的

ポスティングの目的は多くの場合「集客」になると考えられています。その販促物を見てお客様がお店に来るようにするために行うことが多いのです。しかしそれはポスティングする側から見たときの目線になります。ポスティングされた販促物を見たお客様になりうる人は、ポスティングされた販促物を見てすぐに購入・来店しようとは思いません。


そのためポスティングされる販促物は、その存在を知ってもらうために行うものという考えが良いでしょう。ポスティングする販促物はお客様に知らせる・知ってもらうために行うことが一番の目的です。


ポスティングと折込チラシの違い

ポスティングと折込チラシの違い

ポスティングと新聞などの折込チラシはどちらとも同じ販促物で、どちらもポストに入れられています。この2つの違いには以下の項目から違いが見えてきます。


・見られる場所や可能性

ポスティングの販促物は、ポストを開けて手に取ったときに初めてお客様に見てもらえます。ポストの入り状況では、複数の販促物と一緒に見られるときと、一枚で見られるときがあります。そのため必ず隅から隅まで見られる可能性は低いことが多いです。では折込チラシはどうでしょうか。


新聞を開いたときに販促物であるチラシの束が入っています。そのチラシの束はまったく見ない人と、しっかり見る人で分かれますが、比較的しっかりとみる方が多いようです。また新聞などについている販促物は、新聞代が掛かっているため、見ないと損という考えで見ている方もいると言われています。


・狙っている対象

ポスティングでは、さまざまな会社から販促物がポストに入れられています。そのため対象としているのは、1人暮らしからファミリー層、事務所までさまざまです。また年齢層も幅広く、若い人向けには、近くで新しいカフェができたという趣旨の販促物などが入っていることもありますし、高齢な人向けでは“ほねつぎ”など体のメンテナンスを目的とした販促物が入っていることもあります。


折込チラシでは、ファミリー層を狙っているチラシや、新聞を取る確率が高い比較的年齢層が高めな方を対象としたチラシが多いです。また曜日によってチラシを入れている場所が変わることも大きな違いです。例えば平日ですとスーパーなどの食品量販店が主なチラシになり、主婦を狙ったチラシが増えます。しかし土曜日や日曜日など週末になると、家電量販店やデパートなど、家族単位で行く場所のチラシが増えます。


・配布方法による違い

販促物の配り方にも大きな違いがあります。まずポスティングでは、1つの販促物を1つずつポストへ入れていきます。そのため人の手間がかかります。配り方には、自分で行うか業者に頼むか選ぶことができ、業者に頼む場合は、ポスティングする範囲を選択して、配布してもらいます。自分で行う場合は、自分でポストに販促物を入れていきます。


折込チラシの場合では、作ったチラシを新聞の折込チラシとして入れてもらい、それを新聞と一緒にポストに入れてもらいます。自分ではチラシを作るだけで、あとはそれに伴う費用を払うだけで、チラシを見てもらうことができます。また新聞を取っている家庭に広範囲で配布できることも特徴です。


ポスティングの効果を上げるための対策

ポスティングの効果を上げるには、最初に目的・目標を設定しておくと良いといわれています。まず目的は、お店の場合だと新規顧客を増やしたいのか、リピーターを増やしたいのかなどさまざまな売り上げアップ方法があります。その中でどの売り上げアップ方法を取るのか選びましょう。目的によって販促物の配布場所や、内容が変わってきます。


次に目標を決めていきましょう。目的で新規顧客を取ることを決めた場合は、何人の新規顧客を取るかの目標を決めます。そこで注目したいのが、ポスティングによる反応率です。反応率は簡単に言えば反響で、一般的にポスティングした販促物を見た人が、その販促物で来店する確率は0.1~0.3%と言われています。


そのため1000枚の販促物をポスティングした場合、確率的には3人の来店があれば成功したことになります。この反応率を使い、無理のない目標を決めていきましょう。目的・目標が決まったら、次は地域性について把握しましょう。ポスティングメリットの1つに、絞った地区に販促物を配布できるため無駄なく効果が得られることがあります。


このメリットを最大限に活用するには、その商圏での価値観やどんなものが売れるのかを知っておく必要があります。売れないものを宣伝しても売れません。そのため売るものが、その商圏である程度需要があることを確認するためにも地域性を把握していきましょう。


地域性がある程度分かってきたら、ターゲットを絞りましょう。万人受けするものが商品であれば問題ないのですが、そういった商品は少なく、最も売れるターゲットに宣伝していくことが重要になります。そのため商品の売れる年齢層・性別・家庭などを決めて、ターゲットに届くような販促物を作ります。


自分でポスティングするときの注意点

自分でポスティングするときの注意点

ポスティングを自分で行う際の注意点はいくつかあります。


・配布禁止のポストへの投函

ポストに「広告お断り」などの張り紙がしてある場合、ポスティングしてしまうとクレームが来ることがあるので、絶対に入れないようにしましょう。クレームがなくとも入れられた側はいい印象を持たないので、お店のイメージダウンに繋がる恐れがあります。


・オートロックが付いているマンションなどへ侵入しての配布

オートロックが付いているマンションなどは、オートロックを越えた先にポストが付いていることがあります。しかしオートロックを越えての配布は不法侵入とみなされてしまう恐れがあるのでやめましょう。


・ポスティングする販促物は表を外に折る

ポスティングされた販促物は何か目に留まるものがない場合、そのまま捨てられてしまうことがほとんどです。そのため販促物を見た人に印象を与えるためにも、販促物の表が見えるように外側にして折りましょう。


まとめ

いかがでしたか?ポスティングは新聞を取らないご家庭にも届く販促物で、さまざまなターゲットを狙うことができるものです。「集客」を目的とするのではなく「知ってもらう」ことが目的の本質になります。


地域性に優れているため、折込チラシのような広範囲に配るものではなく、狙った地域に無駄なく配布できるのもポスティングの特徴です。目的・目標を決め、しっかりと狙った地域・ターゲットに販促物を配布できれば、大きな効果が得られることでしょう。


  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 配布予定部数を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-439

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

ポスティング費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。