ポスティング費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ポスティング業者選びで失敗しないコツ!

最新情報・レポート

ポスティング業者選びで失敗しないコツ!

ポスティング業者選びで失敗しないコツ!

 

チラシを配ることで集客を図るポスティング。せっかくお金を出して広告するのですから、できるだけ成果を上げたいですよね。ポスティングを成功させるには、信頼でき、功績をあげられるようなポスティング業者選びが不可欠ですが、どのような点に注目して業者を比較すればよいのでしょうか?

今回は、ポスティングの際の業者選びでは、どのような点を基準とすればよいのか、5つの観点をご紹介します。ポスティングをしようと思っているけれどどの業者に依頼すればよいのだろう…とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

有名な企業・大学などから依頼を受けた実績がある


実績は、そのポスティング業者の腕を表しています。業者の実績を確認する際は、取引会社の規模とリピート率に注目しましょう。 大手の企業は、多くの場合、社内に広報や販売促進を手掛けている部署を持っています。このような部署は、どれくらいの費用でどれほどのポスティング効果を得られるのかなどもチェックしており、ポスティングや広告することに関してのノウハウを多少なりとも心得ています。

ポスティング業者を選ぶときは非常に慎重に、信頼できる業者を選んでいるのです。つまり、大手企業のポスティングを手掛けているような業者は、クライアントから信頼されるような技量を持っていると考えられます。

依頼のリピート率も重要です。一度だけの依頼なら、思うような効果が得られなかったと考えられなくもありませんが、何度も依頼されるような業者は、何度も依頼したいと思えるだけの結果を出せているということです。大手の企業から何度も依頼されているならば、実力のある業者だと考えられます。

実績は、ポスティング業者のホームページをチェックすると確認できるでしょう。もし実績情報が見当たらない場合には、実際に業者に問い合わせ、どのような企業から依頼を受けてきたのかと言うのを実際に聞いてみるのもよいかもしれません。

 

 

 

 

地域密着型で地形に詳しい


地域密着型で地形に詳しい

地域を理解しているか、という点は、ポスティングにとってはとても重要な項目です。 地域密着型の業者は、対象のエリアにどのような人が住んでいて、どのようなポスティング方法が効果的なのかと言うのを知っています。逆に、地域をよく知らない業者に依頼をしてしまうと、思うような効果が得られないので、あまりおすすめできません。

大手業者や全国的に知られている業者であっても、下請け会社に実際のポスティング作業を依頼しているケースがあるようです。下請け会社が地域をよく知っているならば、見合った成果を得られる可能性が高まります。しかし、どのような下請け会社がポスティングをするのかというのは、クライアント側が知るのは容易ではありません。下請け会社が地域性をよく知らずにポスティングを行ってしまっては、チラシを配布する意味も半減してしまいます。

下請け会社に依頼している業者にポスティングを任せると、結果は運次第ということになってしまいます。結果を確実に得たいならば、「地域密着」を売りにしている業者に依頼するのがおすすめです。

 

 

 

 

「配布先の指定」「チラシ単体」ができる


クライアントの要望に合わせた配布方法を実施できるかというのもポイントです。2つのポイントについてそれぞれ見ていきましょう。

●配布先の指定

どの地域の、どの世帯に配布するのかを選ぶことができれば、経済的で効率的にポスティングをすることができます。たとえば一般住宅に住む人に向けてのチラシなのか、お店を経営する人に向けてのチラシなのかで、ポスティング対象は大きく異なります。

●単体チラシの配布

チラシには、新聞やフリーペーパーに挟まって投函されるタイプと単体のタイプがあります。ほかの媒体に挟まったチラシは、配布の手間は省けますが、見てもらえる確率が減り、配布される頻度も低いです。単体チラシであれば、配布先の方の目に留まる確率が格段に上がります。

 

 

 

 

ポスティングスタッフの管理がきっちり行われている


ポスティングスタッフの管理がきっちり行われている

ポスティングスタッフの管理体制もチェックしましょう。

まず、スタッフの教育がしっかりとなされているかが重要です。教育がしっかりなされていないと、チラシを配ってはいけない場所に投函してしまう危険性があります。「チラシの配布は禁止」「関係者以外の立ち入り禁止」と表記してあるのにもかかわらず投函してしまえば、クレームが来てしまいます。配布した人の過失であっても、チラシには依頼主である会社の名前が書かれています。つまり、クレームは依頼主に降りかかってしまいます。

報告をしてくれるかの確認も大切です。ポスティングするチラシを必要枚数分用意してもらえても、実際にポスティングスタッフが配布した枚数が分からなければ、本当に契約内容通りにポスティングができたのかわかりません。スタッフとのコミュニケーションがしっかりとなされていて、配布枚数や実施状況などを明確に報告してくれる業者ならば安心ですが、結果報告をせずうやむやにするようでは、不安が残ります。

スタッフの管理は、チラシの反響や依頼主の信頼に関わる重要事項です。管理体制が気になる場合は、業者へ電話をし、「スタッフの管理はどのようにおこなわれているのか」「ポスティング終了後は報告をしてくれるのか」などを聞いてみるとよいでしょう。

 

 

 

 

相見積りをおこなう


業者の実績や能力はもちろん大切ですが、依頼主として経費も気になるところです。業者を選ぶ際には、ぜひ相見積りをしましょう。複数の業者に見積もりを依頼して費用や契約内容を比較すると、だいたいの相場を知ることができ、また、どの業者なら費用を抑えられるのかも知ることができます。

相見積りの際、費用が他に比べて安いからといって安易に飛びついてしまうのはよくありません。ポスティングではチラシを配り歩かなくてはならないので、当然人件費がかかります。しかもひとつひとつの家を回って配るには時間がかかるため、人件費は安いものではありません。にもかかわらず、「一枚あたり〇円」などと安すぎるポスティング価格を売りにしているのであれば、チラシを依頼した地域全体に配布してくれない可能性もあるので、注意が必要です。

見積りを出してもらって、ほかとくらべて異常に安い業者には、どうして費用が安いのか、どうやって、どれだけの量を配布するのかなどを詳しく聞いてみましょう。的確に答えられないようでは、依頼内容通りにポスティングしてもらえない可能性があります。ほかの業者に頼りましょう。

むやみやたらに相見積りを依頼すると手間がかかるうえ、比較するのも大変です。業績や地域への理解度などで業者を数社に絞り、その後相見積りで費用についても比較・検討して一社を選ぶのがおすすめです。

 

 

 

 

まとめ


ポスティング業者は全国各地に存在します。そのなかからベストな業者選びをするには、今回ご紹介したような5つのポイントに注目しましょう。

ポスティングは宣伝に役立つ一方で、業者選びを間違うと、費用に見合った反響を得られないだけでなく、会社の信頼をうしなうことにもつながりかねません。「実績」「地域密着度」「配布方法」「スタッフ管理」「費用」などをしっかりと考慮して業者選びをして、十分な効果を得られるポスティングをおこないましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 配布予定部数を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-439

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

ポスティング費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。