ポスティング費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

チラシのポスティングで集客しよう。配布するにもコツがある

最新情報・レポート

チラシのポスティングで集客しよう。配布するにもコツがある

チラシのポスティングで集客しよう。配布するにもコツがある

 

ポスティングとは、集合住宅、一戸建て、会社などチラシや宣伝のビラを郵便ポストへ配布することです。どなたも一度は家のポストに入っていて見たことあるはあるでしょう。それだけポスティングとは、多くされているものなのです。

 

しかし、ポスティングがどのようなものかわかっても、実際依頼をしたことがある方は少ないことでしょう。ポスティング自体は誰でもできることですが、おこなう意味や目的そしてその効果がなければ意味がありません。

 

そして、ポスティングとよく混同されるのが、折り込みチラシです。新聞と一緒に折り込まれているチラシも、各郵便ポストに配布されるので、同じことではないか?と思われますが、似ているようで違います。

 

そこで今回はチラシのポスティングについて、折り込みとの違いやポスティングのデメリット・デメリットをはじめ、プロへ依頼するときのポイントなどお伝えしていきます。これを読めば、どのようにポスティングをおこなっていけばよりよい効果的な集客につながるかがわかるので、ポスティングを考えている方はぜひ最後までご覧になってください。

 

 

チラシのポスティングで得られるメリットとデメリットとは

たとえば、新しくお店を出すならたくさんのお客様に来てほしいと思うものです。でもどうやってこのお店を知らせたらよいでしょう。ひっそり開店させても、隠家的なイメージで知る人ぞ知る、口コミだけでやっていきたい!と思っているなら宣伝の必要はありませんが、多くの人が「毎日満員御礼でいたい!」と思うはずです。

 

そこで重要となるのが、お店を多くの人に知ってもらうということです。宣伝方法にはテレビで流すCMやネットのランキングサイトに掲載するなどさまざまな方法がありますが、これでは見てもらえているのかわかりません。

 

しかし、ポスティングという宣伝方法であれば、確実にお客様の元へ宣伝チラシを配布するため知ってもらえることができるのです。ここではポスティングとよく似た折り込み広告の違いと、ポスティングならではのメリットとデメリットを解説します。

 

折り込み広告との違い

●ターゲット

折り込みチラシは、新聞に挟んであるので新聞を購読している方のみしか手に渡りません。最近の若者は、ニュースは携帯やパソコンサイトから入手できるため、わざわざ新聞に毎月の料金を支払って購読する方は少ないです。そのため折り込み広告としてのターゲットは、新聞購読者すなわち、高齢者や主婦の方に偏ります。

 

しかしポスティングでは、偏りがありません。だいたいは家にポストを設置しているので、ポストさえあればチラシを配布することができます。

 

●内容物

折り込みチラシとは、新聞などに一緒に入ってくるものです。新聞店に依頼して入れてもらうのですが、あまりかさばるものや規格外のものは受け付けてくれません。しかしポスティングでは、個人でおこなうので、どんな種類やサイズの紙を使用するかなどの制限がありません。紙1枚から、ちょっとした小冊子やパンフレット、中にはティッシュやボールペンなどのノベルティを付けることも可能です。

 

●費用

新聞店は、毎日たくさんの家へ配達にいきます。新聞プラス他のチラシも一緒に配達するだけなので、負担にならないぶん費用は高額になることはありません。ポスティングは、何かのついでではなくその1枚のチラシのみの配布です。業者に依頼すると、配布エリアにもよりますが価格に差がでます。

 

●反響

折り込みチラシは多くのチラシに紛れているため、特定の人だけに見てもらうことは難しくなります。チラシが多いと読む側も面倒くさくなり、見ずに一気に廃棄してしまうかもしれません。

 

ポスティングでは、1枚だけのチラシなので確実に手に取ってもらえます。しっかり見てくれるかどうかは別ですが、手に取った瞬間は目に入れてもらえるため興味のある内容やインパクトのあるデザインであれば内容も確認してもらえる確率は高くなります。

 

ポスティングのメリット

●お手軽

チラシさえあればすぐにでも配布ができます。チラシもコンビニで印刷はできるので、自分で作成して印刷をするだけでもうチラシの出来上がりです。配布も、家の近所やエリアを絞れば、朝でも昼でも自分の都合の良いときに配布できます。

 

●ターゲットを絞れる

どのような人にチラシを見てもらいたいかをある程度決めたら、配布するエリアなど絞ることができます。若者。高齢者、集合住宅、戸建住宅…。といった情報があれば無駄な配布もなくなり、ピンポイントで配布ができます。

 

●見てもらいやすい

ポストは定期的に確認するものです。ポストに何か入っていたら、とりあえず大切な手紙なのか、不必要なものなのかの選別をします。それだけでも必ず一度は目にしてもらえます。チラシはまず見てもらうことから始まります。

 

●人間味がある

一枚一枚、人の手で配るので、温かみがあります。また配布中に住民に会えば、軽く挨拶をすることもできます。これは大切なコミュニケーションで、誰かわからない人からの物よりちょっとでも顔がわかる、挨拶のとき人当たりがよかった場合、チラシを見てもらいやすくなります。

 

●反響がわかりやすい

ポスティングをして気になるのが反響です。せっかく時間とお金や労力を使っているのだから、配布したチラシでどれだけの人に伝わったのかが気になるところです。しかし、直接配布するからこそ、玄関先で直接渡したときの反響などを直接感じることができます。

 

また、配布するチラシの種類や、配布時間、エリアを変えていくと、だんだん反響の大きいところがどこか、どんなチラシのデザインがよいのか、見えてきます。

 

ポスティングのデメリット

●怪しい

いきなりポストにチラシが入っていても、どこの誰かもわからず気持ち悪く感じる人もいます。ときには「配布しないでほしい」とクレームになることもあるので注意が必要です。もとから「配布禁止」と書かれたステッカーなどがある家には配布しないようにしましょう。また、町内に知らない人が入ってきたということで、不審者扱いをされてしまうこともあるので、配布時間などを工夫して行う必要があります。

 

●天候による

せっかくのチラシが雨に濡れてしまっては、読み手もすぐにゴミ箱へ捨ててしまいがちです。天気が悪いときは配布ができないので、天候に左右されてしまいます。レストランやエステなどの新装開店なら、長期でみるため今日がだめなら明日配布しようとなりますが、一週間後、期間限定のイベントであれば日にちの猶予がないので、いますぐにでも配布したいものです。

 

●同業者と混ざる

ポスティングはどこもよくやっている行為なので、同じ日に同業者とかぶってしまうことはあります。ピザ屋のチラシが2枚も3枚も入っていたら、なんだかクドイお店だ!と感じて捨てたくなるでしょう。また一見すると区別もつかないと、一番上にあったチラシのお店に電話をかけようとなることもあります。どこかで差をつけないと、同業者との競争には勝てません。

 

集客率につなげる!効果的なポスティングとは

集客率につなげる!効果的なポスティングとは

 

ポスティングをするには、適当に配布したらよいわけではありません。成功の秘訣にはきちんとした戦略を練る必要性があります。

 

ポスティングでは100枚配れば100人から問い合わせがくることはまずありません。1/100と思ってください。「なんだ、全然反響ないなら無駄では?」と思ったかもしれませんが、それは違います。ポスティングとは地道な努力で必ず結果がついてくるものです。そこで、よりよく反響が返ってきやすくなるためのコツをご紹介します。

 

チラシ作りには力を入れる

たとえば、チラシに同じ文字の大きさで細かな字がズラーッと並んでいたら読みたくなりますか?よほど暇で、もとから文章を読むことが好きな人は目を通してくれるかもしれませんが、普通はパッとみて何が言いたいのかわからなければ読みません。

 

店の名前もどこに書いてあるかわからない、そもそも何のお知らせかもわからなければ人は興味すらわきません。文章は少なく、「ここ!」という言葉は大きく目立たせる、問い合わせ番号もわかりやすく明記、費用に余裕があればカラーがおすすめです。

 

使用する紙も、ペラペラで今にも敗れてしまいそうな紙よりも、ちょっと厚手で光沢があると高級感があり、読み手の気を引き付けることができます。

 

ノベルティをつけるとよいことも?

チラシだけではクシュクシュと丸めて捨てられてしまうことも多くなりますが、これがちょっとしたオマケ付きならどうでしょう。

 

夏にはうちわ、冬はホッカイロ、年中通して使えるのは、ティッシュやボールペンです。たとえチラシに興味なくても、使えるものがついていればノベルティだけでも残してくれる可能性は高くなります。

 

そのノベルティに企業名や店の名前だけでも書いてあれば、使うたびに目に入りますよね。これだけでもじゅうぶんな宣伝効果があります。そして、どこかでその企業名やお店の名前を目にしたとき、「このお店って、どこかで聞いたような?」となり、なんとなく聞いたことある見覚えある店のほうを選び集客アップにつながることもあります。

 

ターゲットはだれ?

配布前に、この広告は誰に見てもらいたいのかとターゲットを決めておくことが重要となります。ターゲットでない人に配っても効果は得られませんので、ポスティング効果を最大限に引き出すためにも、まずはターゲットがだれなのかを確認しましょう。

 

たとえば、接骨院の開業のお知らせチラシでは、接骨院を利用しそうな中高年に的を絞った方がよいでしょう。反対に、学習塾のチラシを中高年のひとり暮らしの方に配布してもまったく意味がありません。

 

最近では、外食よりも簡単にデリバリーで食事をとる方が多く、多種多様な飲食のデリバリーがあります。ピザや寿司、中にはフレンチもありますが、デリバリーを利用する人は、一人暮らしの方から家族住まいの方、男女ともにオールマイティに利用するので配布するターゲット層は広くなります。

 

そして、会社やオフィスビルには、事務用品のネット販売店のチラシや、OA機器のレンタルサービスなどが適しています。

 

築年数が10年以上の戸建て住宅や集合住宅では、高齢者が多くなりがちです。介護ケア用品や、老人ホームの案内、病院系などの情報があると便利です。とくに高齢者になると、若者のようにインターネットで情報検索をする方も少ないので、重要な情報源となっており、手に取って見てもらえる可能性は十分にあります。

 

このように、誰のためのチラシか、誰に見てほしいのかを考えると自然とターゲット層が見えてきます。そして、ターゲットが決めれば、配布場所も見えてきます。それらを確認することで効果的にポスティングができるでしょう。

 

ポスティングする理由と費用を考える

そもそもなぜポスティングをするのか?を考えてみましょう。ポスティングをしようと思う理由は「集客」と「認知」です。セールやライブなどのイベントといった期間限定ものならば、多くの人に知ってほしいです。また「お客さんが減ってきた」「新しくお店をだす」ときは知ってもらい、集客が目的です。

 

前者の場合は、期間限定であるため長期戦な継続的なポスティングよりも、短期勝負となります。後者では、長期でみるので、定期的な配布で効果を出します。

 

そこで気になるのが費用ですが、まずポスティングじたい自分でおこなうときはチラシ作成代のみです。誰かアルバイトとして人を雇うときは時給計算で賃金の支払いが発生します。しかしアルバイト募集で人を集めても、ポスティングの素人では、配布できる枚数も多くありません。また正直、ちゃんと配布しているかといった信用もありません。

 

そうなるとポスティングの専門業者に依頼をすると安心です。専門業者はプロな分、完璧な仕事をしてくれますが費用はかかります。先ほどの、短期勝負なイベントであれば、費用が高くなりがちですが集中して一気に配布してもらいこともできます。長期型であれば、費用は安く抑えられますが、配布期間はひと月と長くなります。

 

また住宅地であれば家も密集しているので、配布エリアも狭くなるので費用は安くなりがちですが、地方の方など、ターゲットを細かく絞っている場合は、移動郷里や手間暇がかかるため費用が上がります。

 

どのような理由でポスティングをしたいのか、自分でおこなうのか、人に依頼するのかを費用ととともに検討することが大切です。

 

プロに頼むポスティング。選び方のポイントご紹介

プロに頼むポスティング。選び方のポイントご紹介

 

先ほど専門業者への依頼の話に触れましたが、やはりプロと素人ではポスティングした反響が違います。なぜならプロはどこにポスティングしたらよいのかわかっているため無駄がないからです。専門業者を探すと、いろいろ出てきますが、ここではよい業者を選ぶためのポイントを解説していきます。

 

●提案をしてくれる

こちらはポスティングについての知識がありません。どのようにしたら反響がでるのかもわからないので、親身になって相談に乗ってほしいものです。どこを改善したらよいか、どのように配布した方がよいか、などチラシから配布エリアまで提案をしてくれる業者を選ぶと心強いでしょう。

 

●エリアに詳しい

配布するチラシ内容によって、ターゲット層も変わります。そこで地域の層をよく知っていて、どこに何を配布することで反響が大きいのか理解している業者がよいでしょう。それらエリアの情報なく配布してしまうと、高い費用を払ったにもかかわらず、無意味な配布になってしまいます。

 

●信頼できるか

配布をしてくれているかどうか…。こればかりはこちらでは確認しにくいです。もしかした配布せずにそのまま捨てている、なんてひどい業者もいます。配布したくれていても、ポストにグチャグチャに突っ込んでいるだけ、住民と顔があっても挨拶もなし、といった態度ではどんな素晴らしいチラシでも見てくれません。最初に依頼しようと、問い合わせした際の対応などを見て、信頼できるか見極めるとよいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ポスティングとはただ配布すればよいものではありません。ターゲット・エリア・チラシ作りなど、ひとつも気を抜くことがなく計算された地道な作業ではありますが、しっかり理解した上で行えば必ず反響はあるものです。

 

なかなかポスティングを経験したことがないと、どのようにおこなえば集客できるのかわからないことだらけです。自分でやってみて成果があればよいですが、なかなか思ったような成果を感じられない、またポスティングをする時間や体力の自信がない方はぜひ一度、プロの力を借りてみてください。プロであれば、しっかり届けたい人に効果的に配布することができるでしょう。

 

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 配布予定部数を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-439

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

クイックお見積り

ポスティング費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。