ポスティング費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

インパクトでチラシを「読ませる」デザインのコツを紹介!

最新情報・レポート

インパクトでチラシを「読ませる」デザインのコツを紹介!

インパクトでチラシを「読ませる」デザインのコツを紹介!

 

新聞やポストでよく見かけるチラシ。さまざまな種類のチラシがありますが、それらの役割は共通してただひとつ。それは「チラシに掲載された商品の魅力を伝え、知ってもらう」ことです。

 

しかし、チラシのなかにはまったく見られることなく捨てられてしまうものもあります。そして、その原因のひとつはチラシを読みたいと思わせるインパクトがないこと。

 

どんなに時間をかけて作成してもインパクトがなければ人目を引くことができないと、商品のことを知ってもらうこともできず捨てられてしまう運命なのです。

 

そこで今回の記事では、人目を引くためのインパクトのあるチラシの作り方をご紹介します。インパクトのあるチラシを作るためのデザインから、内容にインパクトをもたせるためのコツ。また、費用を抑えて手軽に広告を作る方法まで丁寧に解説していきます。

 

 

インパクトのあるチラシの作り方、3つのコツ!

情報がいつでもどこにでも溢れる現代の人々は、得る情報をある程度自分で選びとって生活しています。町を歩けば広告看板、電車のなかの吊り革広告やインターネットで表示されるポップアップの広告までいろんなものを目にします。

 

こうした状況ではいかに広告を見てもらい、その内容を見てもらうかにチラシの成功はかかっています。そのときに重要なのが、インパクトのあるチラシを作ること。ひとめ見た瞬間に興味を引くにはありきたりなものでは読む人の気を引くことはできません。

 

チラシは「読んでもらえないもの」と考えて作る!

そのためにはまず、チラシを誰に読んでもらいたいかを考えるのがよいでしょう。この想定する目的になる人のことを「ターゲット」といいます。チラシはまずターゲットになにを売りたいのかを明確にして作るようにしましょう。

 

一瞬でも伝わりやすいチラシの特徴

インパクトのあるチラシを作るには、デザインを考えることも欠かせません、チラシのデザインをするときはまず一番に伝えたいことはなんなのかを意識しましょう。

 

一番に伝えたいことを中心に、全体に統一感のあるデザインにしていきます。なにが伝えたいのかわからない、ごちゃごちゃとしたチラシは読む人の印象もよくありません。

 

また、チラシに使う文字(フォント)や画像の余白にも注意が必要です。適度な余白は主役を引き立て、より効果の高い宣伝効果を生み出します。チラシいっぱいに文字や画像を載せるのではなく適度な余白を作るように心がけましょう。

 

メリハリのある色使い、フォント選びに配慮する 

 

チラシの色使いはシンプルに、公告した商品の印象に合わせて選ぶのがインパクトのあるチラシを作るためのコツです。落ち着いた印象の商品やサービスであれば落ち着いた色で統一するほうがよいでしょう。

 

また、チラシの色を考えるときは、メインで使う色を中心にして色を引き立てる補色を取り入れるのがよいでしょう。色のコントラスト(対比)を意識するだけで、文字を強調したりすることも可能です。色の種類は3種類くらいに収めることをおすすめします。

 

チラシに使う文字(フォント)もターゲットに合わせて選択すると、より魅力的なチラシを作ることができます。フォントは種類によってチラシの種類をガラッと変えることも可能です。フォントの種類は多くても3種類が適当です。

 

インパクトのあるチラシを作るためには、以上の3点に注意して作成するようにしましょう。

 

内容でもインパクトを与えるチラシにするには

内容でもインパクトを与えるチラシにするには

 

インパクトのあるチラシは、読む人の目を引きます。目を引く意味で、デザインにインパクトをもたせるのはとても大切です。しかし、せっかく目を引いて読まれるチラシを作っても、内容が伴わなくては効果的な宣伝はできないでしょう。

 

チラシの内容にもインパクトをもたせるために、チラシを作る際は下記の3点に注目しながら進めてみてください。

 

どんな人に、何をアピールしたいかを決める

前章でも述べましたが、チラシで宣伝する商品を誰に売ることが目的なのか。何を売ることが目的なのか。それらを明確にしなければインパクトのあるチラシを作るのは難しいです。

 

曖昧なターゲットに向けて書いた文章よりも、特定の誰かに向けた文章のほうが読む人には響きやすいといわれています。そのため、チラシの内容を考えるときは誰に、何をアピールしたいのかを決めておきましょう。

 

商品やサービスの持つ効果を数値化し、大きく載せる

効果を表すためには、より具体的な数字を示すようにしましょう。「たくさんの人がその効果に驚いた」という表現と「5.000人もの人がその効果に驚いた」の表現ではどちらがよりインパクトがあり、かつわかりやすい表現でしょうか?

 

数字には、万人に共通の説得力があります。そのため、インパクトのあるチラシを作るときには数字を活用することが欠かせません。また、説得力を生み出すために写真を使うのもよいでしょう。

 

キャッチコピー、リード文、商品説明を可能な限りシンプルに

キャッチコピーはチラシにおける「つかみ」。リード文はキャッチコピーで興味を持ってくれた人の興味を「膨らませる」。本文は商品の「説明」をする役割があります。

 

ただインパクトの強いだけの内容では、読む人が途中で読むのをやめてしまい最後まで読んでもらうのは難しいでしょう。読んでもらうには読みやすさも大切です。

 

インパクトのあるチラシを作るのなら、その構成は基本に従いシンプルにしたほうが読みやすくなります。インパクトを与えるのは内容で!チラシの構成は基本に沿ったシンプルなモノにするのがよいでしょう。

 

デザインソフトがなくても効果的なチラシは作れる! 

いざインパクトのあるチラシを作ろうと思っても「チラシを作るには専門技術やデザインセンスが必要なんじゃ…」と考える人は多いのではないでしょうか?

 

しかし、現代ではとても便利なサービスがさまざま用意されています。それはチラシ作成においても同じです。

 

インターネット上には知識ゼロでも簡単に広告がつくれるオンラインサービスがいくつか用意されています。それらの多くは格安、もしくは無料です。しかも、チラシを作る手順は簡単。手軽にオシャレなデザインのチラシを作ることができます。

 

デザイン費を抑え、超重要なポスティングにかけよう

インターネットのサービスを使えばチラシの作成は格安、もしくは無料でおこなうことができます。チラシの作成にかかる費用も大幅に減らすことができるでしょう。

 

そして、その浮いた費用はポスティングにかけるのがよいでしょう。チラシを見てもらうにはチラシを配る作業「ポスティング」も超重要です。ポスティングがチラシを使った宣伝を成功させるか否かを分ける、といっても過言ではありません。

 

ポスティングするエリアがチラシの効果を左右する

ポスティングするエリアがチラシの効果を左右する

 

インパクトのあるチラシをたくさんの人に見てもらうためにはポスティングが欠かせません。ポスティングを効果的におこなうには配るエリアと発行して配る枚数が一番重要といわれます。

 

ポスティングの効果を最大限に発揮するには、より詳しく専門的な情報をもった専門業者に相談する方法が一番よいでしょう。地域に合わせた配り方や適切な発行枚数を提案してもらうこともできます。

 

気合をいれて作ったチラシの効果を最大限に発揮するためには、専門業者の豊富な知識を活用して適切に、かつ効率よくチラシを配るのが最善策です。

 

まとめ

魅力的な商品やサービスを知ってもらうにはインパクトのあるチラシは欠かせません。そのために、チラシのデザインや構成を考えることは超重要。見た瞬間に興味を引くようなキャッチコピーや魅力の伝わる本文、写真を使って商品やサービスをアピールしましょう。

 

また、チラシのデザインや本文の内容と同様に、チラシを配る方法「ポスティング」も重要です。チラシを配るのに最適な地域や配る枚数など、困ったときは専門業者に相談してみるのがよいでしょう。

 

チラシは自社の魅力を知ってもらうための、とても役に立つツールです。そしてたくさんの人に見てもらうためにはインパクトのあるチラシ作りが大切。ぜひ今回の記事を参考に、チラシを作ってみてください!

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 配布予定部数を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-439

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

ポスティング費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。