ポスティング費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

ポスティングの時間帯やコツ!効果を上げる4つのテクニックをご紹介

最新情報・レポート

ポスティングの時間帯やコツ!効果を上げる4つのテクニックをご紹介

ポスティングの時間帯やコツ!効果を上げる4つのテクニックをご紹介

ポスティングはチラシやパンフレットなどの広告を、郵便受けに直接投函していく宣伝方法です。新聞の折り込みチラシと違って新聞未購読世帯にも配布することができることや、直接手に取ってもらえるので目に触れやすく、効果の出やすいことなどから注目されています。

ポスティングには意外と気にかけることやするべきことが多く、代行サービスに任せると楽な場合があります。最適な時間帯で配布するなどのルールやテクニックのほか、作成するうえでの工夫やデータ収集などをおこなう必要もあるでしょう。

このページでは、ポスティングの時間帯や効率よく配布するコツ、効果を上げるテクニックなど、基本的な知識を幅広く解説していきます。ポスティングでやるべきことを知り、自分でおこなうか業者に任せるかといった判断の参考にしてください。

ポスティングの時間帯は何時~何時がベスト?

投函した広告を見てもらうためには、配る時間帯に配慮することも大切です。適切な時間に投函することで、ポスティングの効果を高めるだけでなく、クレームを防止することにもつながります。では、ポスティングにおすすめの時間帯はいつなのでしょうか?

配布する時間は5時~20時がオススメ!

ポスティングの時間帯としては、5時~20時がおすすめです。また、他の投函物に紛れてしまわないよう、最初か最後に投函するのがおすすめです。朝早く配るのであれば、朝刊が投函されるよりも先にポスティングできるとよいでしょう。

時間帯だけでなく自社のサービスや広告の内容によって、配布時期も考える必要があります。例えば家族向けの飲食店のチラシなら祝日や大型連休前、学習塾なら新学期や新年度の前に配布すると効果的です。

1時間でどれくらい配れる?

1時間でどれくらい配れるかを知っておくことも、配布する時間帯を決めるためには大切なことです。1時間に配ることができる枚数は、一戸建てが多いエリアの場合は200軒、マンションの多い都心などであれば500軒ほどになるでしょう。

ポスティングするエリアの住宅状況を把握することで、配り切りたいチラシを500軒に配るためには何時から配ればよいのかといった計画を立てることができます。

夜間の配布はクレームになることも!

他の投函物に紛れてしまわないよう、その日の最後にポスティングしようと20時以降に投函することはやめましょう。ポスティングのためには、ポストのある敷地内に入らなければならないことも多々あります。

その際に不審者と間違われたり、寝ているところを物音で起こしてしまうといった不快感を与えてしまったりすると、クレームにつながってしまうこともあるのです。宣伝のための行動で悪評がついてしまうことは、絶対に避けなくてはなりません。

ポスティングを効果的&効率よく回るコツ!

ポスティングの時間帯やコツ!効果を上げる4つのテクニックをご紹介

ポスティングのおこなうべき時間や、配ることのできる枚数の目安がわかったところで、効率的にポスティングをおこなうコツを解説していきます。人件費もかかることですし、効率を考えることは必須です。

業者に代行してもらうよりも効率や、効果をよくすることができないのなら、業者に頼んだほうがよいということになってしまいます。

あらかじめルートは決めておこう!

効率よく配布するためには、あらかじめポスティングをおこなうルートを決めておく必要があります。適当に配ると同じ道を何度も通ってしまったり、配っていないエリアを作ってしまったりすることにもつながり、非常に効率を悪くしてしまうのです。

時間と労力を無駄にしないよう、できるだけ多くの郵便受けに投函できるルートをあらかじめ決めておこないましょう。

配布は自店の近くから!

ポスティングは自店の近くからおこなうことがおすすめです。ご近所の方に顔を覚えてもらうことで印象に残りやすくなり、チラシの効果も高まります。

顔を覚えてもらうことが重要ですので、新聞を取りに出てくる時間や仕事から帰宅する時間など、顔を合わせる可能性が高い時間を選ぶとよいでしょう。

戸建て住宅を優先的に回るのがオススメ!

ポスティングをおこなう対象は、集合住宅よりも戸建住宅を優先すると効率的です。一見、集合住宅はポストが一か所に集められているため、効率的に投函できるようにも思えます。しかし、いらない広告を捨てるゴミ箱が設置されていることが多く、ポスティングしたチラシが部屋まで持ち帰られることが少ないのです。

配布する前に確認すること

郵便受けに投函する前に、ポスティングで大事なことは悪いイメージを持たれないことであることを再確認しなくてはなりません。効率を求めるあまり、誤解を生む行動や不快に思わせてしまう行動をとらないことが大切です。

夜間の配布を避けるだけでなく、雨のような悪天候の日の投函も避けましょう。チラシが濡れてしまうだけでなく、その水滴で他の郵便物を濡らしてしまうことにもつながります。

重要!ポスティング効果を上げる4つのテクニック

ポスティングの時間帯やコツ!効果を上げる4つのテクニックをご紹介

効率よくポスティングをおこなう方法がわかっても、そもそもチラシが必要とされないものだったら効果が出るはずもありません。チラシを自分で作成する際に気をつけるべき4つのテクニックがありますので、順に確認していきましょう。

1.地域性を把握しておく

宣伝したい対象が住む、地域性を把握することが大切です。土地の雰囲気や住人の年齢層、世帯数などを知ることで、好みの傾向を掴むことができます。自治体や行政の公開しているデータから、高齢者が多いのか若者が多いのか、単身世帯が多いのか核家族が多いのかなどを把握します。

時間帯ごとの交通量や同業の状況など、数字としてみられないものは直接調査しにいって感じ取ることも重要です。

2.消費者が何を求めているのか想像する

地域性を把握したら、消費者である住人が何を求めているのかを想像しましょう。需要のある人に向けて供給するということは商売の基本です。物価が高い、子ども連れが多い、夜ご飯を食べに出歩く人が多いなど、把握した情報から需要を掘り下げ、自店の強みと結びつけてアピールしましょう。

3.デザインや配布するものを工夫する

郵便受けから取り出したときに目につきやすいことが、ポスティングしたチラシの強みのひとつです。しかし、ふと目についた際に何のチラシかもわからないデザインであれば、捨てられてしまうおそれが高くなります。

写真や文字を上手く使い、瞬時にアピールできる配布物にすることが重要です。そのためにサンプルなどを添付し、使ってもらうことも有効です。その際は、使っていただいた人を購入に結びつける方法もよく考える必要があります。

4.効果を記録しておく

ポスティングは何度も繰り返しておこなうことで効果が出やすい宣伝方法です。そのため、どんな広告がどれだけの効果をもたらしたかを記録しておくことで、毎回改善をおこなうことが可能となります。

効果を記録するためには、ポスティングによって反応してくれた消費者なのか、ポスティングに関係なく購入してくれた消費者なのかを判別できるように工夫する必要があります。例えばクーポンを添付したり、通常とは区別できる予約番号を記載したりするといった方法が有効です。

チラシに番号をつけ、配布した場所と番号を記録しておけば、番号を確認させていただくことでポスティングの効果が出た物件まで把握することができます。配布したチラシや枚数、日付や地域、反応率などを細かく記録し、次に役立てていきましょう。

ポスティングでやってはいけないNG行動!

ポスティングの際に悪いイメージをもたれないことが大切であることは、2章の最後にお伝えさせていただいた通りです。中でも特にNGであるクレームにつながりやすい行動がいくつかあります。順番に紹介しますので、必ず確認するようにしてください。

NG行動1:ポストからはみ出して入れる

入れやすいから、気づきやすいからといった理由で、投函口からチラシをはみ出させることは絶対にやめましょう。はみ出したチラシは乱雑な印象を与えるため、不快に思う人が多くいます。

さらに、回収する前に雨が降ってしまうことで、はみ出しているチラシを伝って他の郵便物を濡らしてしまうことにもつながります。悪いイメージを与えないためにも、丁寧に奥までしっかり入れることが大切です。

NG行動2:ポスティング禁止を無視する

当然のことですが、「ポスティング禁止」などと貼り出してある家のポストに、警告を無視して投函することはやめましょう。チラシをめんどうに思っている人も、多くの人は捨てるだけでポスティング禁止と貼り出すことはしません。

ポスティング禁止と貼り出す方は、その労力をかけるほどにチラシの投函を嫌っており、行動力もある傾向からクレームにつながるおそれが多いのです。

NG行動3:同じチラシを何枚も入れる

ポスティングの際に、投函したことを忘れて何度も投函したり、複数枚重なったまま投函してしまったりするなど、同じチラシが複数枚入ってしまうことは避けるべきです。早く配り切るために適当に放り込んでいるといった、悪い印象を与えてしまいます。

クレームの原因となってしまうので、効率よくポスティングするためにも重複して投函しないようルートを決めましょう。記録をつけるためにも投函した場所のメモを取るなど、回避する方法はいくつもあります。

マンションでの配布は事前に声をかけましょう

マンションで配布する際は、できるだけ管理人さんに声をかけるとよいでしょう。もちろん不在の管理人さんにまで、わざわざ電話で確認を取る必要はありません。インターホンなどでもよいので、管理人さんや警備の人がいるのなら必ず挨拶や確認をしましょう。

ポスティングの代行サービスを上手く活用しよう!

ポスティングはメリットの多い宣伝方法ですが、新聞の折り込みチラシと違ってクレームにつながりやすい方法でもあります。また、初めて作成したチラシではなかなか効果が出ず、記録のつけかたもいまいちわからないといった方もいるでしょう。

そんな方にはポスティングの代行サービスがおすすめです。ポスティングの代行サービスとはいったいどんなサービスなのか、紹介します。

ポスティングの代行サービスとは?

ポスティングの代行サービスとは、チラシやパンフレット、カタログなどのさまざまな広告を代わりに投函してくれるサービスです。アパートやマンションのみに配る、サンプルをつけるなど、さまざまな指定をすることができます。

これまでポスティングをしてきた実績から、クレームが入りやすい住居や、問題なく配布できるマンションなどを把握しており、効率よく配布してもらうことが可能です。万が一のポスティングに関するクレームの対応もすべて任せることができ、安心して頼ることができるのです。

さらに、配布物の印刷や作成などを任せられる業者もありますので、初めての方でも気軽に相談することができます。地域の傾向や同じ業種のチラシを作成した経験もあることが多く、的確なアドバイスを受けることもできるでしょう。

まずは複数の見積りを比べてみよう!

自分で配るのではなく依頼するのですから、最初に気になるのはやはり費用だと思います。そこで大切なのは、複数の業者から見積りを取り、費用を比べることです。1社だけに任せっきりにしてしまうと、適切な費用を請求されているのか、サービス内容が標準的なものなのかもわかりません。

これらのことから3社以上の、できるだけ多くのポスティング業者から見積りを取り、サービスや費用、対応などを比べて検討する必要があるのです。どんな業者に頼めばいいかわからない方や、1社ずつ電話をかけることがめんどうな方は、一括見積りがおすすめです。

配布したいエリアや発行部数などを記入するだけで、優良ポスティング会社へ見積りを依頼することができます。

まとめ

ポスティングは宣伝をおこなううえで、さまざまなメリットのある方法です。その一方で注意しておこなわなければクレームにつながりやすいという側面もあります。気にかけることや知っておくことは多くありますので、大変だと思ったら代行サービスに任せてみてはいかがでしょうか?

ただ単にチラシを投函してもらえるだけでなく、積み上げた知識や経験から、最適なポスティング方法やチラシのデザインなどのアドバイスを受けられます。依頼を検討する際は、まずは複数の業者から見積りを取り、費用やサービスを比べてみましょう。

その際は、優良なポスティング会社のみへ一括で申し込むことができる、当サイトの一括見積りフォームをぜひご利用ください。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 配布予定部数を選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0120-949-439

営業時間10時~20時

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら

ご相談窓口

クイックお見積り

ポスティング費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ